読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DORA麻雀のやり方

DORA麻雀のやり方を解説します。2chでの評判から登録の仕方・基本戦略まで

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 99 $の勝ち & 映画「ロード・オブ・ザ・リング - スペシャル・エクステンデッド・エディション -」のレビュー

う~~ん。。まずいな。。体重がまずくなってきた。・°°・((((ノTTTωTTT)ノワーン!!
減量をしないとヤバそうだ

減食するのは無理だから
運動するべきなのだろうな(´ー`)┌フッ

どんな競技がいいかな~?(>▽<;; アセアセ
運動と言えば入浴なのかな
僕にとっては(;~〓~) アセアセ

しかし、一人でやるとなると継続できる自信がないヾ(`◇')ダメッ!
誰か一緒にやってくれる友達募集┌(* ̄0 ̄)┐ ワーッハッハッハッ・・・・

●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の魅力を伝えたい!と燃えております!!!!(^-^)//""ぱちぱち
とは言ってもヤフーにある感想ですが(*≧┏∇┓≦*) ブヒャ!


今日は「ロード・オブ・ザ・リング - スペシャル・エクステンデッド・エディション -」の感想について紹介しようかと思っていますワーイ。(⌒∇⌒。)三(。⌒∇⌒)。ワーイ


この映画が作られた年は2001年です!!!!

監督はピーター・ジャクソンで、脚本がフラン・ウォルシュフィリッパ・ボウエンです。ウキャキ☆彡ヾ(⌒∇⌒*)(*⌒∇⌒)ノ彡☆ウキャキャ

この映画でメインで出てくる人はイライジャ・ウッド (フロド・バギンズ)やイアン・マッケラン (ガンダルフ)です!!!(´ヘ`;) う~ん・・・

この映画の出ている人列挙するとイライジャ・ウッド (フロド・バギンズ)、イアン・マッケラン (ガンダルフ)、リヴ・タイラー (アルウェン)、ヴィゴ・モーテンセン (アラゴルン)、ショーン・アスティン (サム)、ケイト・ブランシェット (ガラドリエル)、ジョン・リス=デイヴィス (ギムリ)、ビリー・ボイド (ピピン)、ドミニク・モナハン (メリー)、オーランド・ブルーム (レゴラス)って感じですね。☆^v(*^∇')乂('∇^*)v^☆ヤッタネ!!

東銀座の東劇にて「旅の仲間」と「二つの塔」のそれぞれのSEE版を
通して観てきました。


さすがに7時間超を通しで見るのは
かなり疲れるけど、満足のいくいわゆる心地よい疲れで
した。


「SEE版」と「劇場公開版」では
こんなこと言っては悪いけど雲泥の差が
あると思う。
劇場公開版は、自分のような原作を
読んでいない者にはかなり分かりづらい部分が
あったが、SEE版ではそれが解消されており、
かつそれぞれのキャラクターの内面等が
深く感じられる作品になっている。

特にボロミアについては深く掘り下げられていると感じる。

彼には人間らしい優しさ、弱さ、強さ、
誇りの高さが感じられた。

メリーとピピンに剣を指導したり、
ふざけあう姿や、ガンダルフバルログ
地下に引きずり込まれ、皆が落胆しているときに
アラゴルンが「急ぐから早く立て」という言葉を
聞いて、「少しは皆を休ませろ」というシーンに
は優しさを感じる。

そして、自分の国を立て直したいが
ために指輪の力に魅せられていく姿とその心を
読まれていると感じて何も言えなくなっているガラドリエルとの対面シーンに
は心の弱さを感じる。
さらに、フロドに自分がしたことを
悔いて、恥じて、それに報いるために
も必死にメリーやピピン達を助けようと剣を
振るう姿には強さや誇りの高さを感じた。


逆にアラゴルンは、先祖の人間としての弱さを
知っており、その弱さを克服している人間だから、
やや人間的な面白みには欠ける。

ストーリーに関しては、このミッションが
フロドにしか出来ないことを改めて感じた。

身体は小さくても勇敢でタフで、権力というものに
興味がなく平和や静けさ、食べることを
愛するホビットで特にフロドにしか出来ないことで
ある。

そんなフロドが仲間を疑かったり、
信じられなくなったり、仲間内で争いが
起きることに耐えられなくなり、一人で
旅をしよう決意するのも丁寧に描かれていた。

また、フロドと共に旅をするサムの決意が
決してガンダルフに言われたから共に
旅をするのではないことも感じられた。

強い尊敬心や友情に支えられてのことだろう。

フロドやサムだけでなく、それぞれが
それぞれの使命があり、宿命があるとも感じられる。


●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯

麻雀の役って一杯ありますよね~( ̄∇+ ̄)vキラーン
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。。
という事で、今回は清一色を説明したいと思います。(*'-'*)エヘヘ


清一色チンイツ)というのは良くねらってみたくなる役の一つです。
ここでは、師範役の広野と生徒役の北野の二人に出てきてもらいましょう。


・1種類の数牌で成立
・ポン・チーをすると6翻→5翻に下がる
・捨牌が片寄るから相手に読稀やすい
・多面待ちになりますから初心者泣かせの役
・面前の清一色チンイツ)は「タテチン」「メンチン」などと呼ばれる(;´Д`A ```


広野『役の意味はわかりやすいのですが、
実際に目にすると非常に複雑になるんです場合も多いです。

門前(メンゼン)で6翻、ポン・チーしても5翻と高得点ですが…ヤッテラレンワ…ヽ(○´3`)ノ フッ
以下の待ち牌は何かわかりますか?』


2223456777999


北野『ちょっとややこしいな。ゆっくりと考えさせてくれたら、わかるんだけどな…』


広野『この際の当たり牌は8種類


12345678


私ならあたり牌を算出するのに1秒もかかりません。

2011年に始まったオンライン賭け麻雀サイト:「dora麻雀」などのネット麻雀では絶対に時間制限があります。

リアル麻雀でも目の前に人がいるから焦るのは間違いないです。
変な牌を切ったり、狭く受けてしまったりと失敗も多いです。


特に自分のことごとくの当たり牌を把握しておかないと「フリテン」がらみの失敗もあるので注意してください。

アガれると思ったのに、実は自分ですでにあたり牌を捨ててしまっていた際とかですよね。

ネット麻雀ではロンできますボタンが押せないため大丈夫ですが、
リアル麻雀ですとあがれもしないんです牌で「ロン」と言ってしまって
せっかくの高得点チャンスに逆に反則金を支払うことになったとかメンチンがらみの失敗談も多いです。


とはいえ、上級者になってもこのメンチンは苦手だって人は多いので練習あるだけだと思います。

ソーズ一種類だけでやる「バンブー麻雀」というフラッシュソフトがネットで単純にプレーできますので練習したい人はやってみてください。

それから人間の時は「ブレーキが効かない」のも清一色チンイツ)の弱点かもしれません。』


北野『ブレーキが効かないってのはなんだ?』


広野『非常に難易度の高い高得点の役ですから魅力的です。
テンパイの1つ手前、テンパイになってしまったら「どうしても和了りたい!」
みたいな衝動にかられて、突っ走ってしまいがちです。

結果、危険な牌だとわかっても捨ててしまいロンされちゃうということになるんです。

確かに高得点なのでリスクを冒す価値のある役ではありますが、
時に思いとどまってチンイツの手を崩してでも相手の危険牌を止める勇気も必要だ
と覚えておいてください。』


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


Neteller 登録方法


映画「チャイルド・プレイ」のレビュー & DORA麻雀の役「ツモ」

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

清一色(出現割合:0.94%)
「ロン!」と言われて全て同じ色なら頭の中が真っ白になるぐらい麻雀の中で圧倒的な破壊力を持つ役。喰い下がり五飜もドラや一気通貫ですぐにハネ満まで見える。
もちろん、局を終わらせるぐらいの火力を持つのだからその勝負手は危険牌をどんどん切る覚悟も必要になる。テンパイならもちろん勝負だが、イーシャンテン、リャンシャンテンなら少し迷うところだ。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。ウーン (Θ_Θ;)


本日はこの辺で!
しかし今日は何故か足が痛い。。治ってほしいなあ。。
ばいば~い(・O・。)お(・▽・。)や(・.・。)す(・ー・。)み



おすすめ記事