読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DORA麻雀のやり方

DORA麻雀のやり方を解説します。2chでの評判から登録の仕方・基本戦略まで

映画「ディープ・インパクト(1998)」について & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 118 $の負け

今秋も暑かったり寒かったりめんどくさい(^-^)ゝ ラジャ!

秋と言えば秋刀魚が旬ですねεεεεεヾ(*´ー`)ノトンズラッ

サンマに合わせる食物と言えば味噌汁だろうね(* ̄▽ ̄*)ノ"


そしてこれに軽く「香住鶴」を飲むと最高(⌒▽⌒)アハハ!

-----------------

映画って本当に面白いですよね~
・・・という訳で映画の魅力を伝えたい!と燃えております。乾杯じゃ~(ノ▼皿▼)ノC□☆□Dヽ(▼皿▼ヽ)
と言ってもヤフーにある感想ですがo(〃^▽^〃)oあははっ♪


今回は「ディープ・インパクト(1998)」の感想を紹介しようかと思っています!ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、'`,、


この映画が作られた年は1998年です!!!!

監督はミミ・レダーで、脚本がブルース・ジョエル・ルービンマイケル・トルキンです!!!!プププッ (*^m^)o==3

この映画の主役はロバート・デュヴァル (スパージョン・"フィッシュ"・タナー)、ティア・レオーニ (ジェニー・ラーナー)です!!!( ̄へ ̄|||) ウーム

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを役柄込みで列挙すると、イライジャ・ウッド (レオ・ビーダーマン)、ヴァネッサ・レッドグレーヴ (ロビン・ラーナー)、マクシミリアン・シェル (ジェイソン)、リーリー・ソビエスキー (サラ・ホッチナー)、モーガン・フリーマン (トム・ベック大統領)、ジェームズ・クロムウェル (アラン)、メアリー・マコーマック (アンドレア・”アンディ”・ベイカー)、ブレア・アンダーウッド (マーク・サイモン)って感じですね。(^0^*オッホホ

ノストラダムスに便乗した感じだった公開当時は
、「ディープ・インパクト」の方が
アルマゲドン」に喰われてる印象だったけど、
比べると本当に面白い。
本作はあっさりしょうゆ味で塩分(=涙)多めな和風味、
アルマゲドンは脂こってり豚骨味(てゆかコテコテ過ぎ)って感じ。
アルマゲドンはアメリカ人も日本人も好きな人は
多いけど、本作は日本人の方が好きな人が
ずっと多いんじゃないかな。


私は、両者を同点にしましたが、どちらかと言えば
ディープ・インパクト」の方が好きで
す。


ラーメンは豚骨の方が好きですが。




-----------------

麻雀の役って一杯ありますよね~。○(^-^)oイエイ♪ o(^-^)○ イエイ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は大三元を説明したいと思います!!!!ヽ(´□`。)ノ・゚ヤッタアァァアァン



大三元は、国士舞双(コクシ)や四暗刻(すーあんこ)と並んで比較的成立しやすい役満として知られている。


鳴いて手を作ることができ、しかも9枚しか手牌を制約しないんだから、
役満の中では一番難易度の低い部類に入る。

ただし、和了りやすい分警戒もされやすい。


配牌に白發中の対子が揃っていても、例外なくポン可能ですとは限らず、
相手方の警戒が強い際は2つ目さえ鳴けない場合もある。

3つのうち少なくとも1つは自力で暗刻(アンコ)にしないんですと、大三元のアガリは難しい( ̄ー ̄; ヒヤリ


使う牌の性質上字一色との複合が可能ですぎゃははははは _(T-T)ノ彡☆ばんばん!


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

大三元(出現割合:0.039%)
手牌の偏り方によっては早上がりの延長線上で狙うことができる唯一の役満
もちらん、白發中を2枚ずつ持っていたとして、鳴けるのは通常は2回まででどうしても小三元になりやすいが、DORA麻雀ではパオ(責任払い)が実装されていないので、ラスのプレイヤーはどんどん突っ込んでくる可能性も十分にある。
逆にこっちがラスで2位狙い、1位狙いの時に大三元の気配がある相手がいたとしても、オーラスならば引く必要性はDORA麻雀では通常の麻雀よりも要素は少なくなる。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じ(・・*)。。oO(想像中)



どら麻雀

今晩はこの辺で
今日は腕が痛いなあ
お休みなさい( ̄○ ̄)お( ̄◇ ̄)や( ̄ο ̄)す( ̄ー ̄)ノ~~~み~♪・:*:・゚★,。・:*:・゚☆

DORA麻雀での無料トーナメント参加方法は・・・(4)




おすすめ記事