読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DORA麻雀のやり方

DORA麻雀のやり方を解説します。2chでの評判から登録の仕方・基本戦略まで

映画「スターリングラード(2001)」に関して & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 25 $の負け

季節も完全に夏が過ぎて秋だな~o~((((~´∀`)~フラフラ~
夜も少し寒く毛布を用意しないと風邪を引いてしまわないか心配です
風邪にかからないようあったかくして寝ないとね川 ̄ι ̄川フフフ

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

映画って本当に面白いですよね~
・・・という訳で映画の魅力を伝えたい!と思います!ラッキー\(^^\)(/^^)/チャチャチャ
と言ってもヤフーにある感想ですがワーイ\(゚▽゚=))/…\((=゚▽゚)/ワーイ


本日は「スターリングラード(2001)」の感想について紹介しようかと思っています!!d(>_・ )グッ!


この映画が作られた年は2001年です!!!

監督はジャン=ジャック・アノーで、脚本がジャン=ジャック・アノーです!d(-_☆) グッ!!

この映画の主役はジュード・ロウ (ヴァシリ・ザイツェフ)やレイチェル・ワイズ (ターニャ)です!「(´へ`;ウーム

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを列挙すると、ジョセフ・ファインズエド・ハリスロン・パールマンボブ・ホスキンス、マティアス・ハービッヒって感じですね。d(-_^)good!!

全編通じて美しさを感じた。

ジュードロウはもちろん、ジョセフファインズ、
レイチェルワイズ存在感はとても輝いたものが
あった。

やはりイギリスの舞台出身の俳優というものは
一味も二味も違うのでは?今現在に
シェイクスピアの存在の大きさが
伝説として語り継がれているのを肌に
感じさせてくれた。

ジュードは他の俳優にはない存在感、
カリスマ性をことごとフイルムの中で
発揮する。


今回もスナイパーという配役も今まで
の例にもれない美しさだった。


それでエドハリスを含め今回は脇役の存在感を
感じた珍しい作品だった。
このような渋めの俳優を多数キャスティングする映画を
どんどん増やしていって欲しいと思う今日この頃で
ある。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

麻雀の役って一杯ありますよね~キャハハ!!彡ヾ(▽≦*)ツ...ヾ(*≧▽)ノ彡キャハハ!!
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。。
という事で、今回は天和に焦点を当てたいと思います!ゎぁぃ♪ ヾ(*⌒∇⌒)八(⌒∇⌒*)ツ ゎぁぃ♪


天和(てんほう)というのは和了れたら奇跡という役満の一つですよ。
ここでは、先生役の河崎と生徒役の小池のおふたりに出てきてもらいましょう。


・親が配られた時点で完成している
・4面子+1雀頭の形さえしていれば役はいらない


河崎『役としては非常にシンプルですよ。

配られたらいきなり完成していたという話です。

別に「タンヤオ」だとか「混一色(ほんいつ)」だとかの役は入りません。

ただ麻雀の基本形でしょう「3枚1組のグループが4つ+雀頭」の形さえしていればOKです。

それから先に紹介した「七対子(ちーといつ)型」と、「コクシムソウ型」でも完成していれば天和(てんほう)は成立するんだC= C= C= C= C=ヘ; ̄ー ̄)ノ すたこら

数学上、天和(テンホウ)の確率は33万回に1回らしいのですが、ミーのデータの元になっている、
天凰の40万回を超える和了りの中で一度も出ませんでしたね。

まあ、それぐらいヤバイってことです。』


小池『上手い下手とか技術がどうこうの問題じゃないですね、ヽ`アセ(;~▼~;)アセ、ヽ`』


河崎『麻雀の数学というサイトで紹介されていますが組み合わせ数と和了のパターンを計算すると

2兆1431億7970万1279÷70京8384兆1715億2803万6000
≒約0.000003025 (約1/33万0530)の確率

だそうです。見た感じヤバいです\(;゚∇゚)/ヒヤアセモン☆


相手に何もさせない技として、天和(テンホウ)はイカサマ技としても発展してきました。

偶然にしか起こらない天和を技術により強引に発生させるという技です。』


小池『技術で天和(テンホー)を作るってどうやるんなんだろう?バキッ!!( -_-)=○()゚O゚)アウッ!』


河崎『ひとりでやる時は目の前の山とすり替える「つばめ返し」などが有名です(;´Д`A ```』



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


DORA麻雀のレート

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

天和(出現割合:0.000003%)
麻雀の役の中で一番出にくい役。
ダブル立直ならばちょくちょく見れるが、確率的に33万分の1と言われている役満
しかし麻雀人口が圧倒的に多い日本では見たことがある、出したことがあるという人もちらほら。賭け麻雀の場で実際に目の当たりにしたらその人間が何かしていないか疑うレベルの役満だ。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。( ̄_ ̄ )。o0○(ウヘヘ…)


本日はこの辺で!
しっかし今日は何故か肩が痛い。。治ってほしいなあ。。
お休みなさいξ・◇・ξ/~~~ オヤスミー



おすすめ記事