読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DORA麻雀のやり方

DORA麻雀のやり方を解説します。2chでの評判から登録の仕方・基本戦略まで

映画「6デイズ/7ナイツ」について & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 142 $の勝ち

う~~ん、やばいな。。太ってkitaヾ( ´Ω`)ノ フッ
ダイエットしないとまずいな。。

食事制限するのはストレスになるから
スポーツするべきなのだろうなヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ

どんなのがいいかな~?∑(; ̄□ ̄A アセアセ
楽に始められるスポーツといえばダンスですかね
私に限っては\(;゚∇゚)/ヒヤアセモン☆

けれども、一人だと続かないだろうな~・・・(゚_゚i)タラー・・・
誰か一緒にやってくれる友達緩墓ヶヶヶ!Ψ(`∀´Ψ)( `∀)( `)( )(´ )(∀´ )(Ψ`∀´)Ψヶヶヶ!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ここの所映画大好きーな感じなので映画の感想をご紹介したいと燃えております。(o゚▽゚)o゚▽゚)o゚▽゚)oニパッ ニパッニパッ

ってあなたの感想じゃないの?
なんて感想はスルーでヾ*1ノイヒヒヒヒー♪


今日は「6デイズ/7ナイツ」の感想ですね!!!(_ー+_)逆ニヤ


この映画が作られた年は1998年です。

監督はアイヴァン・ライトマンで、脚本がマイケル・ブラウニングです!!!(゚▽゚*)ニパッ♪

この映画の主役はハリソン・フォード〔1942年生〕 (クイン・ハリス)です!!( ̄-  ̄ ) ンー

この映画の出ている人を列挙するとハリソン・フォード〔1942年生〕 (クイン・ハリス)、アン・ヘッシュ (ロビン・モンロー)、デヴィッド・シュワイマー (フランク・マーティン)、ジャクリーン・オブラドース (アンジェリカ)、テムエラ・モリソン (ジャガー)、アリソン・ジャネイ (マージョリー)、ダニー・トレホ (ピアース)、クリフ・カーティス (キップ)、ダグラス・ウェストン (フィリップ・シンクレア)、ジョン・コヤマ (海賊)ってな感じ。ィェィv(゚▽^*)ノヽ(ー゚ )ノヽ(゚ )ノヽ( )ノヽ( ゚)ノヽ( ゚ー)ノヽ(*^▽゚)v

軽くて良かったんじゃないでしょうか?なーんも考えないで
見れる感じで緊張感は一切なし(笑)楽しく二人と一緒に
無人島ライフを楽しむムービーです☆で
もなんか納得いかないのは婚約者なんで
すが・・・なんで何も悪い事してないのに
いきなり振られなきゃいけないんで
しょうか。
しかもハネームーンで。

行動も実際起こったらしちゃうようなことだしなんだか可哀相で
そこだけやだったなあ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

麻雀の役って一杯ありますよね~( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。
という事で、今回は嶺上開花に焦点を当てたいと思います。v(o ̄∇ ̄o) ヤリィ♪


ある意味特殊な一翻役。

カンをした時に引く嶺上牌で自摸アガリした際に成り立つ。

これ自体に嶺上開花と言う役が付くため、
手牌に予め役が付いていなくても和了れるが、ハン数はたったの1である。

カンのリスクと運任せな一翻では釣り合わないため、
役牌や対々和のオマケぐらいの感覚で狙うのがベター。

数牌加カンの際は搶槓されちゃう可能性も考慮に入れる必要がある。


カンの成立を妨害する搶槓とは異なり、
カンが成立した上での和了となるんですから、カンドラをめくることができる
(もちろん、嶺上開花の時はカンドラはめくらないと言う取り決めでやっている場所がある可能性もある)。


決まると非常にカッコイイので、
初級者(麻雀を理解し始めた)層を中心に狙われる傾向があるが、
確率的に見てもそうそう成功しない上に、前述の通り大きなリスクが伴うΣ( ̄Д ̄;)がーんっ!

また、加カンそのものを蛇蝎の如く嫌う人も少なくないことも覚えておいた方が良いだろう。


麻雀漫画では、主人公が嶺上開花に関わる能力のようなものを
持っている漫画「咲-saki-」が有名でしょう他、
後述の責任払いを利用して本来あり得ないところから
放銃を引っ張り出すテクニックとしてちょくちょく登場する。


また、積み込みやすり替えなどのイカサマが登場する漫画では、
カンドラ表示牌1つを仕込むだけの手間で実に4翻もの追加が
見込めるリターンとなるため、積極的に狙っていくキャラクターも存在する( ⌒▽⌒)( ⌒▽)(  ⌒)(   )(⌒  )(▽⌒ ) ニヤニヤ


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

嶺上開花(出現割合:0.28%)
カンをした後に上がれる役。
こちらは運による要素は大きいものの、東風戦でテンパイ時ならばカンに抵抗が無い場合は多い。初心者は良くカンを好む傾向があるが、その時にどこまで嶺上開花を視野に入れるか? また確率的にほとんどが失敗するとして、その後のドラ表示牌をどう捉えていくか?
嶺上開花というよりは、カンに対する考え方が大きく変化しそうだ。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。('-';A エーット,,アノォ..ソノォ...


今晩はこの辺で
しっかし今日は何故かお腹が痛い。。治ってほしいなあ。。
温かくして寝~よおっと(*'O'*)お(*'∇'*)や(*'・'*)す(*'ー'*)み♪

DORA麻雀のトーナメントで優勝したい




おすすめ記事

 

 

 

 

 

 



 

*1: ゚)д( ゚