読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DORA麻雀のやり方

DORA麻雀のやり方を解説します。2chでの評判から登録の仕方・基本戦略まで

映画「インクレディブル・ハルク(2008)」のレビュー & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 95 $の負け

今から「スポーツの秋」なので、
運動をスタートするべきかε=ε=ε=ε=ε=┌┤ ̄ ̄(●●) ̄ ̄├┘ブヒヒヒィ!!!

何が俺に適してるかな?(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
やはり手軽にやれるやつでないと問題がありますからね
だってシンドイと継続しないからね(;~〓~) アセアセ

さっさと考えよヽ(゚◇゚ )ノヽ( ゚◇゚)ノ ウキャキャウキャキャ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

映画って本当に面白いですよね~
・・・という訳で映画の魅力を紹介したい!と考えています!!!o(・∇・o)(o・∇・)o ヤッタ!
ってyahooレビューに載ってる感想ですが(●⌒∇⌒●) わーい


今回は「インクレディブル・ハルク(2008)」の感想について紹介しようかと思っていますわ~い♪\(*^▽^*)/\(*^▽^*)/\(*^▽^*)/わ~い♪


この映画が作られた年は2008年です!

監督はルイ・レテリエで、脚本がザック・ペンです!!(=v=)ムフフ♪

この映画のメインは何と言っても!!!エドワード・ノートン (ブルース・バナー)やリヴ・タイラー (ベティ・ロス(エリザベス・ロス))です"o(-_-;*) ウゥム…

この映画の出ている人列挙するとエドワード・ノートン (ブルース・バナー)、リヴ・タイラー (ベティ・ロス(エリザベス・ロス))、ティム・ロス (エミール・ブロンスキー)、ウィリアム・ハート ("サンダーボルト"・ロス将軍)、ティム・ブレイク・ネルソン (サミュエル・スターンズ博士)、タイ・バーレル (レオナルド精神科医(ベティの彼氏))、ポール・ソールズ (ダイナーの店主)、ヒクソン・グレイシー (合気道のインストラクター)、ルー・フェリグノ (ハルク)って感じですね。~(^◇^)/ぎゃはは

ハルクというキャラに魅力がない。

変身前と変身後で顔が変わりすぎているので
、物語につながりが感じられないのだ。

ハルクになったときの動きが早すぎて重量感が
伝わらないのが最大の欠点だろう。

少しも恐怖を感じないのだ。

この手の映画はいかに怖くみせるかが
勝負どころなのに、アニメレベルで
終わっている。


どだいハルクを「やさ男」のノートン
演じるのが間違っているのだ。


また、ブロンスキーの悪者ハルクは
グロテスクすぎるだろう。

物語はいくつかの要素でできている。

ハルクの変身と暴力性、ブルースの逃亡生活、
将軍の横暴、ブルースとベティの恋、
ハルクを抑制する研究、ブロンスキーの暴走、
ハルク同士の対決。
こう並べてみるとなかなか魅力的な要素が
ならんでいることがわかる。

前回の”おとなしい”ものに比べるとアクション重視に
なっており、よく練られている方だと想う。

だが少しづつ何かが足りないのだ。

将軍がどうしてあのような行動をとるのかが
よくわからない。

悪者ならもっと悪人として描くべきた。

ベティの父親という設定も生かしきれていない。
恋愛部分も中途半端。

ベッドシーンを途中でやめてしまうところは
カットすべきだ。

これがあるので二人が本当に愛し合っているかどうかわからなくなるのだ。


ブロンスキーの暴走ぶりも無理がある。
ハルクに最愛の人を殺されたというような設定に
すれば重みがでただろう。

一言で言えば、登場人物をもっと濃密に
からませる工夫が必要なのだ。
ところでハルクの血を傷に吸収して変身しかけていたサムソン博士は
どうなったっけ?

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

麻雀の役って一杯ありますよね~(▼-▼*) エヘ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。。
という事で、今回は九蓮宝燈に焦点を当てたいと思います。ヽ(゚∇゚(゚∇゚(゚∇゚o(゚∇゚)o゚∇゚)゚∇゚)゚∇゚)ノ ニパニパニパッ



「1」「9」を各3枚 「2」~「8」を各1枚 さらにどれか1枚をくわえる


九蓮宝燈(ちゅーれんぽーとー)を聴牌している手牌が、1~9すべての牌を待っている状態で
和了した際に成立するダブル役満です。

役満の中でも王様のように扱われる「九蓮宝燈(チューレンポートー)」です。


「チュウレンポートン」とも呼ばれ、基本的には「チュウレン」と略されます。
珍しいに萬子でないと成立しませんかのように勘違いされますが、
筒子、索子でも可能です。

まず条件として数牌の「1」「9」が各3枚必要です。

それから「2」~「8」を1枚ずつ用意します。この状態でテンパイを迎えます。

ここから「1」~「9」のどれが来ても麻雀の基本形である
「3枚1組のグループと雀頭」ができあがります( ´艸`)ムププ


このようにあたり牌が9種類ある九蓮宝燈は「純正 九蓮宝燈(チュウレンポウトウ)」または
九蓮宝燈(ちゅーれんぽーとー) 9面待ち」と呼ばれ、雀龍門ではダブル役満として扱っています。

ただし、国士と同じように純正の形でテンパイになることは珍しく、
以下のような場合が多いですね。


1122345678999


123の時 が、3枚1組のグループが4つと雀頭の形になるあたり牌です。

ただし九蓮宝燈(チューレンポートー)の条件ですね「数牌の「1」「9」が各3枚」
+「2」~「8」を1枚ずつ
+どれか1枚、
の条件を満たすのは1だけです。


実戦ではこのように最終的に九蓮宝燈の条件を満たすような和了りになる時が多いです。

9面待ち/純正での形は幻と呼ばれるほどレアですよね(; ̄ー ̄A アセアセ・・・


チーやポンを含めてこの形になっても九蓮宝燈にはならないから気を付けましょう


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


------------------------------------------------------

九蓮宝燈(出現割合:0.00045%)
九蓮宝燈も若干ルールによって変化するであろう役満
DORA麻雀では九面待ちでダブル役満になるローカルルールは採用されていない。
また、九蓮宝燈はマンズかどうか? と気になるところだが、DORA麻雀ではマンズ、ソーズ、ピンズの全て九蓮宝燈を採用している。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。( ̄ω ̄;)エートォ...


今から数時間後には待ち焦がれた大学1年生の友だちとの麻雀だよ♪
楽しみだなあ~~*1ワッハッハ



おすすめ記事

 

 

 

 

 



 

*1:┌(。△。)┐