読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DORA麻雀のやり方

DORA麻雀のやり方を解説します。2chでの評判から登録の仕方・基本戦略まで

DORA麻雀の役「清一色」 & 映画「トイ・ストーリー2」の感想

本日の朝6生ワイドでは最高の運勢だったので、
今日は新しいことに挑むべきか。。
ここ最近、カービィのピンボールを買おうかとウズウズしてるんですが中々行動に移せなかったんですよ(≧m≦)ぷっ!
新たなことってゲームなんかよと思われそうですが
遊びって生活の重大な要素ですマタネー!!.....((((((○゚ε゚○)ノ~~   |出口|
共感??
必要ねえ/(。△。*)逆ニパッ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

近頃映画にハマっているのでオススメ映画の感想をご紹介させて頂きたいと燃えております!!!☆d(o⌒∇⌒o)b ★イエーイ★ d(o⌒∇⌒o)b☆

はい!?テメエの紹介文は??
って突っ込みはスルーでラッキー\(^^\)(/^^)/チャチャチャ


今回は「トイ・ストーリー2」の感想を紹介しようかと思っています!( ̄ー ̄)ー ̄)ー ̄)ー ̄)ー ̄)ー ̄)ー ̄)分身ニヤリ


この映画が作られた年は1999年です!!!!

監督はジョン・ラセターとアッシュ・ブラノンで、脚本がアンドリュー・スタントンとリタ・シャオです!!!┗|*`0´*|┛ワッハッハ!!

この映画の主役はウッディ (トム・ハンクス)とかバズ (ティム・アレン)です!!(ーー;).。oO(想像中)

この映画に出てくるキャラを列挙すると、ウッディ、バズ、ジェシー、プロスペクター、ポテトヘッド、スリンキー、レックス、ハム、ボー、アルってな感じ。(o゚▽゚)o゚▽゚)o゚▽゚)oニパッ ニパッニパッ

前作と比べて、より話に深みがあるし、
バズとウッディ以外のキャラもしっかり活躍しているし(個人的に
は緑の兵隊さんたちが好きなんですけど)、
続編としてはいい作品ですね。


新キャラクターの声を演じるジョーン・キューザック
ハジけていて良かった。
ちなみに僕も【saizen】さんと同じで
モンスターズ・インク」を観る前に
観たかったなあ。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

麻雀の役って一杯ありますよね~。ィェ‐ィ v(´▽`v)))))).......((((((v´▽`)v ィェ‐ィ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
という事で、今回は清一色に焦点を当てたいと思います。ヽ(´□`。)ノ・゚ヤッタアァァアァン


役満を除く通常役の中では最高翻数の役であり、完成させれば大きな得点が見込める。

副露しても確実に満貫になり、門前(めんぜん)なら最低でも跳満になる。

ドラやピンフや一通などが複合して倍満以上になりますことも多く、
広い待ちになっていれば立直を打つことも充分に考えられる。

その場合、手役に裏ドラが加わって三倍満、あるいは数え役満まで届く可能性もあるのです。

得点力の高さに加え、複雑なテンパイ形になりやすいのも特徴の一つでしょう。

特にメンゼンの時は、パッと見ただけでは何待ちか分からないような牌姿になることもあり、
多面張や手変わりを瞬際に把握する力が要求される。


実戦では、メンチン一向聴になった際点で次に何を引けば何待ちになりますのか、何が有効牌かなど、ある程度予測してテンパイに備えるのが望ましい。

確率的には、清一色になる牌の組み合わせは(同種の牌を別に数えて)
約4.5億通りで、役満四暗刻(21億通り)や国士無双(コクシ)(13億通り)と比較しても、
メンチンは役満並みに難度が高いと言える( ̄Д ̄;) ガーン

実際、配牌と自摸と展開に恵珍しいなければメンゼンでのアガリは難しく、
スピードを重視して鳴いて和了に向かうことも多い。

1ハン食い下がってしまうものの、状況を見て鳴きを入れ、
より優秀な最終形に持って行くことができれば、ホーラの可能性はぐっと高まる。

牌姿の美しさ、多面張の華麗さから門前にこだわる打ち手も少なくないが、
鳴いても充分高い手だから、鳴きどころの牌や急所の牌は迷わず鳴いてしまったほうが良い。

1つ2つ副露したとしても、牌の寄り次第では両面以上の形になるし、
そうなれば多少警戒されたとしてもツモあがりを期待できますΨ(`◇´)Ψウヒョヒョヒョ

ただし、鳴ける牌をなんでもかんでも鳴いたり、序盤から慌てて真ん中の牌をポンしたりすると、
中盤以降苦しい形のまま膠着してしまうこともある∑(ノ▼ο▼)ノ オォオォオオオ!!

スピードを重視することと鳴き急ぐことは他のので、
清一色の仕掛けどころには注意が必要ですね。


なお、枚数の足りないところから強引に仕掛ける清一色は、無理があることから「ムリチン」と呼ばれる“ヘ( ̄ー ̄ )オイデオイデ


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

清一色(出現割合:0.94%)
「ロン!」と言われて全て同じ色なら頭の中が真っ白になるぐらい麻雀の中で圧倒的な破壊力を持つ役。喰い下がり五飜もドラや一気通貫ですぐにハネ満まで見える。
もちろん、局を終わらせるぐらいの火力を持つのだからその勝負手は危険牌をどんどん切る覚悟も必要になる。テンパイならもちろん勝負だが、イーシャンテン、リャンシャンテンなら少し迷うところだ。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。ウーン (Θ_Θ;)


この辺りで!
しっかし今日は足が痛いなあ
温かくして寝~よおっと川*'-'*川ノ~☆・*。.:*・゚☆オヤスミ♪

ドラ麻雀の登録




おすすめ記事