読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DORA麻雀のやり方

DORA麻雀のやり方を解説します。2chでの評判から登録の仕方・基本戦略まで

映画「男と女」の感想 & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 72 $の勝ち

今日は17時から晴れだってよ(^^)(--)(^^)(--)ウンウン

快晴ならば外に出てみよっと( ̄皿 ̄)うしししし♪

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

最近映画にハマっているのでレビューをご紹介させて頂きたいと燃えております!!![壁]ー ̄)ニヤッ( ̄ー ̄)ニヤリ( ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄)ニヤーーーリッ

え!?テメエの感想じゃないの?
なんて突っ込みは華麗にスルーしますv(`皿´)ノ~'' ヤッター!!


本日は「男と女」の感想について紹介しようかと思っています!!!=*^-^*=にこっ♪


この映画が作られた年は1966年です

監督はクロード・ルルーシュで、脚本がピエール・ユイッテルヘーベンとクロード・ルルーシュです!(ノ∇≦、)ノ彡☆ キャハハ!!バンバンッ!!

この映画のメインは、ジャン=ルイ・トランティニャン (ジャン=ルイ・デュロック)やアヌーク・エーメ (アンヌ・コーチエ)です。( ̄-  ̄ ) ンー

いつも脚本を中心に映画を観てしまう方なので
、初めはかなり戸惑った。

脚本よりも映像が優位にあり、映像以上に
音楽が物語を引っ張る。

音楽とともに台詞のない場面を積み重ねるモンタージュ
普通の作品でも一部では使われるけれど、
ほぼ全編にわたってこの調子というのに
は驚いた。

すごいのは、それでも退屈せずに引き込まれること。

作りはプロモーションビデオ的なのに
、映像感覚や音楽、少ない台詞のひとつひとつが
瑞々しくて、心の奥まですうっと浸透していく。

白黒とカラーの使い分けやロングショットの多用が
美しいと思ったら、予算との兼ね合いで
偶発的に生まれたものらしいですね。

ううむ、ますますすごい。

あとは、役者の力。
子供も含め、最大限に魅力が引き出されていると感じた。

この映画では、脚本がいちばん下に
あるのかも。




●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

麻雀の役って一杯ありますよね~。○(^-^)oイエイ♪ o(^-^)○ イエイ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。
という事で、今回は一盃口を説明したいと思います。(ノ∇≦*)キャハッッッ♪


数牌の順子(シュンツ)同じものを2つ作ると"イーペイコウ"という役になります。
ポン・チー・明槓をした際は成立しません。


例1:⑦筒 ⑧筒 ⑨筒③ピン ④ピン ⑤ピン⑥筒 ⑦筒 ⑧筒3筒 3筒 3筒西
例2:4筒 5筒 6筒⑦ピン ⑧ピン ⑨ピン⑦ピン ⑧ピン ⑨ピン四萬 六萬白白
例3:②筒②筒③筒③筒④筒 ③筒 ③筒 ③筒5s 6s 7s發發


複合役:ピンフ・タンヤオ混一色(コンイツ)・清一色など

※例3は①筒でも和了りとなる形になるので一盃口が確定とならず、
先付け以上のルールにおいて、他に確定役がないと上がれない。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

一盃口(出現割合:4.75%)
手牌の中で同じ順子を2種類で成立する役。
牌効率を考えながら打つと「4556」等で5を切らずに「3467」を引いてくっつけようとすると案外簡単にできたりもする。狙いに行く、というよりは視野に入れて打つといったスタンスが望ましい役だ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じr(-◎ω◎-) 考え中.....


今日はこの辺で
今日は何故か足が痛い。。治ってほしいなあ。。
お休み!(*'O'*)お(*'∇'*)や(*'・'*)す(*'ー'*)み♪

DORA麻雀 2ch


DORA麻雀




おすすめ記事