読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DORA麻雀のやり方

DORA麻雀のやり方を解説します。2chでの評判から登録の仕方・基本戦略まで

DORA麻雀の役「清老頭」 & 映画「50回目のファースト・キス」に関して

今日のフジテレビでは最高の運勢だったので、
今日は新たなことに挑むべきか。。
近頃、キャッチボールを始めてみようかとウズウズしてるんですが中々行動に移せなかったんですよ( ( ̄ (ー ̄( ー ̄( ̄ー ̄( ̄ー ̄))ヒダリムケーニヤリッ!
しかし、スタートしようと思うとなんだかんだとそれようのものを買いに行かないと駄目なんだよな。。┐( -"-)┌ヤレヤレ...
は~。面倒臭いヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ

+++++++++++++++++++++++

最近映画に夢中になっているので映画のレビューを紹介していきたいと思います!!(( ̄ー+( ̄ー+( ̄ー+( ̄ー+ ̄)ー+ ̄)ー+ ̄)ー+ ̄)ニヤニヤニヤニヤリ

え??自分のレビューではないの??
って感想はスルー|電柱|ー ̄) 隠れニヤリ


本日は「50回目のファースト・キス」の感想を紹介しようかと思っています!!!イエーイ(∇^*d)(b*^∇)イエーイ


この映画の製作年は2004年です!

この映画のメインは何と言っても!!!アダム・サンドラー (ヘンリー)とドリュー・バリモア (ルーシー)です!!!

取り敢えず、この映画の俳優さんは、アダム・サンドラードリュー・バリモアロブ・シュナイダーショーン・アスティンダン・エイクロイド、アレン・コヴァート、ケヴィン・ジェームズ(男優・1965生)、ジョナサン・ローランってな感じ(¬w¬*)ウププ

周囲の人間が、いかに身内の病気と向き合うかを
教えられました。
ルーシーの家族はルーシーを傷つけたくないが
ために、普段の生活に気を配る。

恋人となりたいヘンリーは、なんとかしてルーシーに
思い出を残そうと奔走する。
逃げたほうがいいのか立ち向かうべきなのか? 観ている人は
、自分だったら果たしてどちらを選択して振舞うのが
いいのか?そういう点で深く考えさせられました。

舞台がトロピカルなので重々しさは
帳消しされていますが、ラブストーリーに
関心がない人でも胸につまるものが
あると思いました。


序盤がお下品だというコメントがちらほら見られる映画だったので
すが、吹き替えで観ましたので毒は
感じなかったですね。

保健体育的なエロと思ってもらっていいと思います。


ラストは納得できるものがあり、後味すっきり爽快で
す。



+++++++++++++++++++++++

麻雀の役って一杯ありますよね~。(〃^∇^)o_彡☆あははははっ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!!
という事で、今回は清老頭に焦点を当てたいと思います!!ニャハハ☆(゚∇゚☆)(☆゚∇゚)☆ニャハハ


字一色(つーいーそー)と対をなす役で、あちらが字牌のみで構成するのに対し、
こちらは残りのヤオチュウハイ、つまり1,9牌のみで構成する役でしょう(・・;)

門前(めんぜん)役ではないので、鳴くことも可能ですo(>▽<)o ウキャキャウキャキャ

字一色は7種28牌を使うことが可能のが、
清老頭(チンロウトウ)は6種24牌と字一色(ツーイーソー)よりも牌の種類が少ないうえ、
1,9牌はすぐに捨てられることが多く、序盤から1,9牌を多く持っていないと
チャンスすらほぼないという非常に難易度の高い役満でしょう。


一応四暗刻(スーアンコー)とも複合可能( ̄ ̄□ ̄ ̄) グハッ ( ̄。 ̄) ポカーン ( ̄) シラ~*ドロン


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


------------------------------------------------------

清老頭(出現割合:0.00181%)
1と9だけで揃える役満。四人麻雀ならば見るのがかなり難しい役だが、三人麻雀ならばそのマンズの2~8は無くなるので出現率は飛躍的に上がる。とはいえ、それでも簡単に出る役満ではないのも確か。しかし役満の中では決め打ちの必要はあまりなく、対々和+混全帯九を少し視野に入れた打ち方の延長線上で偏り加減に応じて狙うことのできる役満でもある。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。(・へ・;;)うーむ・・・・


今晩はこの辺で
しかし今日は何故か太ももが痛い。。治ってほしいなあ。。
お休みなさいヾ(´○` )お♪( ´▽`)や♪(´ε` )す♪( ´θ`)ノみ♪



おすすめ記事